毎日シャンプーしてるのに頭がかゆいのはどうして?

Q:シャンプーは毎日しているのですが、頭が乾燥しているのかかゆくなります。
フケも増えてるような気がしますし、カサカサ感が抜けません。どうしてでしょうか?
そして乾燥を防ぐにはどうしたらよいでしょうか?

 

 

A:頭皮が乾燥すると、フケやかゆみがでてきますし、さらには抜け毛薄毛の原因にもなりかねません。
その頭皮の乾燥の原因と対処法について調べてみましょう。

 

 

☆乾燥するのは季節のせい?

 

冬という季節がら乾燥するということもあります。頭皮もお肌と同じですから、季節的に可能しやすい時期には、頭皮も乾燥しがちです。

 

でも、季節のせいだけではないのです。夏でもエアコンがきいている部屋に長時間いると、肌が乾燥するように、頭皮も乾燥しますし、冬は暖房がそうさせますね。

 

それは湿度が下がることで、角質層の水分量も減り、頭皮の表面から水分が失われていくことで、頭皮の乾燥が生じてくるのです。

 

部屋が乾燥して、さらに皮脂の分泌が少ないと、頭皮がカサカサしてきますし、フケもでてくるようになります。
なので、シャンプーをしているのにフケがでてくる、かゆいというのは、頭皮の乾燥が原因であり、毎日シャンプーしていても、していなくても、この乾燥が解消されないと、かゆみやフケは解決できないということですね。

 

 

☆頭皮の乾燥を防ぐには?

 

乾燥を防ぐにはいくつかの方法があります。

 

*シャンプーは1日に1回。

 

かゆいからといって、シャンプーを1日に何回もしていては逆に乾燥を招いてしまいます。
1日1回までにしましょう。

 

*シャンプーは頭皮にやさしいものを使う。

 

刺激に強い一般のシャンプーだと、かゆみや乾燥を誘発してしまうことがあります。
また洗浄力が強いので、余分な皮脂も落としてしまい、乾燥したり、皮脂不足でフケができたりしますので、気を付けましょう。

 

シャンプーを選ぶなら、アミノ酸系シャンプーが良いといわれています。頭皮に優しく、汚れをしっかり落としながらも、潤いを残してくれるので、乾燥しやすい人にも、またこれから予防したい人にもおススメです。

 

*トリートメントに注意

 

トリートメントを頭皮につけていませんか?トリートメントは髪にだけ、できれば毛先にだけつけるのが良いといわれていますよ。
トリートメントは髪のために作られているものですから、頭皮にはあまりおススメできません。そしてすすぎも十分にしましょう。

 

 

*熱いお湯での洗髪はNG?

 

冬は特に、熱いお湯でシャワーをしがちです。洗髪もやはり熱いお湯でしがちなのですが、これも要注意なのです。
逆に乾燥を招いてしまうことがあるからです。

 

洗髪するときには、すこしぬるいなと感じる程度の温かいお湯で洗うのが一番良いそうです。

 

*洗髪後もドライヤーですぐに乾かす

 

髪を洗ったあとに自然乾燥させるために放置するのもおススメできません。
その間に雑菌が繁殖して、ニオイやかゆみを誘発することになるからです。
しかし、ドライヤ―の熱い風を長時間あてるのも好ましくないので、タオルドライをしっかりしてから、短い時間でドライヤーで乾かします。

 

 

*頭皮マッサージも有効

 

頭皮のマッサージやブラッシングも頭皮の血行をよくしてくれるのでおススメです。
頭皮には化粧水などをつけて保湿するもよく、逆にクリームなどは毛穴が詰まる可能性があるので避けたほうが良いでしょう。

 

*栄養を摂る

 

コラーゲンは体の中から潤いを補給してくれるものですので、食事の中で摂れるようにしたいですね。また、サプリを上手に利用することもおススメです。
日頃からバランスの取れた食事が理想的です。

 

*室内では湿度を保つ

 

エアコンや暖房による乾燥を防ぐには加湿器などの力を借りると良いですし、エアコンの風などは直接当たらないようにするのが賢明です。
家の中では洗濯物を干すなんていうこともありますが、オフィスではそうもいきませんので、加湿器を使うと良いですね。

 

 

*洗髪前のオイルマッサージ

 

シャンプー前のオイルマッサージも効果的だと聞きました。
ベビーオイルや椿オイルなども良いですが、アロマでよく使われるホホバオイルもおススメです。ホホバオイルは特に香りもなく、よく浸透するので、アロマでも使われているんです。

 

このオイルを髪を濡らしたあとにつけて頭皮のマッサージをします。
マッサージをした後は、タオルで髪を包んでおきます。
その間に湯船でゆっくりリラックスタイムをどうぞ。10分くらいすぎたら、普通にシャンプーするだけ。
簡単でしょ?

 

シャンプーもできればアミノ酸系のシャンプーで頭皮にやさしく、保湿性の高いものがよいでしょうね。

 

 

乾燥を防ぐために自分でできることはいろいろあります。できそうなことからまずは始めてみてはどうでしょうか?