産後の抜け毛はどうして起きるの?いつまで続く?

Q:30代前半です。出産後に抜け毛がひどくなりました。産後は抜けるものだと聞いてはいましたが、たくさん抜けるので心配です。産後の抜け毛はどうして起きて、いつまで続くのでしょうか?放っておいても良いのでしょうか?

 

 

A:産後の抜け毛にお困りなのですね。それではまず、産後の抜け毛がどうして起きるのか原因から見ていきましょう。

 

☆産後の抜け毛の原因

 

主な原因はホルモンです。
妊娠中は女性ホルモンであるプロゲステロンとエストロゲンが増えています。女性ホルモンが増えると髪の毛も抜けにくくなり、妊婦さんの中には実は逆に毛深くなるという現象も起きたりするのです。

 

ところが産後はこの女性ホルモンが減少します。それによって、それまで抜けなかった髪が一気に抜けてしまうのです。それが産後の抜け毛、「産後脱毛症」と呼ばれるものなのです。

 

ただ、産後の抜け毛はこのホルモンだけが理由ではなく、ストレスや不規則な生活が原因になっていることもあります。

 

出産後は赤ちゃんのいる生活ですし、授乳したり、睡眠も規則的にとれなかったり、食事も十分にできなかったりということがあります。
仕方がないとはいえ、知らず知らずのうちに、それがストレスになっていることもあります。

 

こうしたことも抜け毛の原因の一つになっていると思われます。

 

 

☆いつまで続く?

 

産後一気に抜けた髪はその後髪の毛が生えるまでのお休みの期間が2〜3か月あります。
この2〜3か月を過ぎれば、また髪が生え始めて、ヘアサイクルももとに戻ってきます。
一般的には産後6か月から1年以内には、もとに戻るといわれていますので、焦らずに気長に待つのが一番です。
抜けることにストレスを抱えていると、それもまた抜ける原因となって悪循環になります。気持ちをゆったり持つことも大切ですよ。

 

☆放っておいてもいいの?

 

産後の抜け毛は病気ではないので、放っておいても差し支えはないのですが、それでもやっぱり気になりますし、のちにもとのヘアサイクルに戻るために、またもとの髪に戻るためにも、自分でできるケアをしておくのも良いですね。

 

まずは、規則正しい生活や睡眠をしっかりとるといったことになりますが、産後で赤ちゃんのお世話をしてる場合、夜中の授乳で眠れないこともありますし、規則正しい生活というのは難しい話です。

 

そこで、せめて、食事だけでも、栄養をしっかり摂るようにすると、違ってきますよ。

 

産後の抜け毛に摂ると良い栄養は以下の通りです。

 

*カルシウム

 

産後はカルシウム不足になりがちです。骨や歯のために良いと知られているカルシウムですが、実は髪にツヤとコシを与えてくれる働きもあるのです。
小魚やチーズ、牛乳など積極的にとりましょう。

 

*タンパク質

 

髪を構成しているのはタンパク質ですね。
また、大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれますので、ホルモンのバランスをとるのに良い食品です。
このイソフラボンが髪の成長を促進してくれます。

 

納豆や豆乳、豆腐などに多く含まれていますので、毎日の食事に取り入れたいですね。

 

*ビタミンB群

 

頭皮の環境を整えてくれるのがこのビタミンB群です。
またこれがタンパク質と結合することで髪を作り出し、代謝を活性化させてくれるので、髪の生え変わりを促してくれるでしょう。

 

また髪の主成分であるケラチンというのは、ビタミンB6がないと作られないものです。
髪に大切な栄養の一つです。
ビタミンB群は豚肉やレバー、大豆、まぐろ、カツオなどに多く含まれています。

 

*ミネラル

 

ミネラルを多く含む食品はわかめやひじき、などの海藻類です。
これらの食品は髪にも良いと古くから言われてきましたが、その理由はミネラルが豊富だからなんですね。
また貝類には亜鉛が豊富に含まれ、ホウレンソウには鉄分が多く含まれています。

 

私たちの体に必要な栄養素ではありますが、健康な髪にも必要な栄養素なのです。
特に産後はあらゆる栄養もたくさん必要としています。十分に摂れるように食事に気を付けたり、食事だけでは足りないと思えば、サプリなども上手に利用してみましょう。

 

 

また、体の中から栄養を摂ることも必要ですが、頭皮や髪にも直接栄養を与えてくれるシャンプーやトリートメントなども良いですよ。産後に使うと良いといわれるシャンプーなどのヘアケア製品もありますので、検討してみると良いですよ。