美しい髪のためのヘアケア、こんな方法もあるよ!

美しい髪のにするには、頭皮ケアやシャンプーなども欠かせません。でもそれ以外にも何かヘアケアの仕方があるんでしょうか?いくつか紹介してみますね。

 

 

☆ゼラチンヘアマスク

 

ゼラチンを使ったヘアケアです。
ゼラチンって、あのゼリーを作るときのゼラチン?
そうなんです。そのゼラチンですよ。

 

そもそもゼラチンの主成分はタンパク質です。
動物の骨や皮に含まれるコラーゲンを熱加工して取り出したものがゼラチン。
工業製品にも使われたり、食品にも使われたりとあらゆるところで使われているゼラチンです。

 

このゼラチンを使ってヘアマスクを作ることができるんです。
この作ったヘアマスクを濡れた髪に塗って10分放置するだけで簡単ヘアパックになります。

 

 

では、このゼラチンヘアマスク、どうやって作るんでしょう?

 

ゼラチンパウダーとアロエパウダーを1対1の割合で混ぜます。
それを2〜3倍の水で溶いて加熱。
そのあとは、冷蔵庫で一晩寝かせます。

 

このゼラチンヘアマスクをシャンプー後の濡れた髪に塗って放置するのも良し、
手持ちのコンディショナーと混ぜて使っても効果ありですよ。

 

 

☆バスソルト

 

バスソルトといえば、入浴時に浴槽に入れて使うものですよね。これとヘアケアとどういう関係があるんでしょう?

 

バスソルトには、保湿効果、デトックス効果、整腸作用があります。
バスソルトを入れたお湯につかってるだけでも、これらの効果が、頭皮や髪にまでもたらしてくれるのです。

 

デトックス効果によって頭皮のニキビや炎症、フケなどを予防することができますし、保湿効果で肌もしっとり。それだけではなく、血行促進作用もありますから、頭皮の血行もよくなりますね。

 

整腸作用は・・・直接髪とは関係ないと思いましたが、これもまた、必要な栄養が腸で吸収されれば髪にも栄養がいきわたるということで、まったく関係がないというわけじゃないのですね。

 

また、直接ヘアケアに使うこともできます。
シャンプー後のリンスやコンディショナーに大さじ1杯くらいのバスソルトを混ぜて使うと、すっきり感がまし、サラサラした髪に仕上がります。

 

ただし、この時にもすすぎはしっかりとしましょう。

 

uruotte(うるおって)は健康な頭皮から生まれる美しい髪を応援します

 

 

☆風にたくさん当たった日のヘアケア

 

特に冬の冷たい風に当たった日には髪がボサボサになってしまったってことありませんか?
実はこの風も髪に大きなダメージを与える原因の一つなのです。

 

なぜかというと、一つ目には、様々な向きの風に当たることで、髪のキューティクルの向きがバラバラになり、バランスが崩れてしまうのですね。ボサボサになったり、ツヤがなくなったりします。

 

もう一つは、冷たい風に当たることで、頭皮の血行が悪くなるだけでなく、乾燥までしてしまいます。

 

長い間外で過ごすような日には、帽子をかぶるなどの予防策も必要そうですね。
また濡れたままの髪を放置して外出すると、これもダメージが大きいので気を付けましょう。

 

ところで、このようなときはどのようなケアをしたらいいのでしょう?

 

外出先ですぐにケアしたいときには、トリートメント成分の入ったスタイリング剤などを付けると良いですね。
自宅に帰ってからは、トリートメントやヘアパックなどでダメージを受けた髪に栄養と潤いをたっぷり補給することが大切です。

 

 

ゼラチンやバスソルトでヘアケアができるというのはちょっと意外でびっくりしましたが、手軽に手に入るものですから、気軽に試してみることができますね。
また、冷たい風の吹く日に外出したときには、その場でできなくても家に帰ったらしっかりとケアしたほうが良いですね。

 

簡単なケアですが、毎日のケアが5年後10年後の健康な頭皮と美髪を生み出しますから、今、この時のケアも大切にしたいものですね。