体の中からヘアケアしましょう〜頭皮と髪に良い食べ物〜

ヘアケアは直接、頭皮や髪につけるシャンプーやコンディショナーで栄養を与えることもできますが、体の中から栄養を与えてケアすることもできますね。
どんな食べ物が効果があるのか、紹介しましょう。

 

 

☆ニンジンジュースは薄毛予防に効果あり

 

ニンジンにはβカロテンが多く含まれていますね。このβカロテンがビタミンAに変わると、頭皮と髪の健康に効果を発揮するんです。
またβカロテンは抗酸化作用もあるので、エイジングケアにも効果あり。もちろん、頭皮と髪のエイジングケアにも効果があるということです。

 

そこで、このニンジンをたっぷり手軽に体に取り入れる方法として、ニンジンジュースがあげられます。

 

無農薬ならもっとよいですし、できるだけ新鮮なニンジンを準備できると良いですね。
ニンジンだけでは飲み難いので、リンゴやレモン、トマト、はちみつなども混ぜて作ると、栄養的にも良いだけではなく、おいしく飲みやすくなりますよ。
薄毛予防に新鮮な手作りニンジンジュースはいかがでしょうか。

 

 

☆チョコレートで髪の老化防止?

 

チョコレートにはカカオがたくさん使われています。このカカオにはポリフェノールが豊富に含まれているのは周知のとおりです。
そしてこのポリフェノールが髪や肌の老化を予防してくれるのです。

 

カカオの含有量が多いビターチョコレートなら、その効果もさらにアップしますね。
甘いものってヘアケアによくないのかと思ったら、そうでもないようですよ。
ただし、食べすぎにはやはり注意しましょうね。

 

 

☆「あんこ」の入った大福やおはぎがヘアケア効果がある?

 

小豆をつかったあんこ。小豆にはポリフェノールやビタミンB群、そしてタンパク質が豊富です。
ポリフェノールは抗酸化作用がありますし、タンパク質は髪にはなくてはならない栄養素です。発毛のためにも大切な栄養素ですよね。

 

こうしたヘアケアに効果のある栄養素が詰まった小豆だからこそ、おいしく食べてヘアケアもしたいものですね。
そこで、おはぎや大福などをはじめ、和菓子や洋菓子などでもおいしく食べられるものはいろいろあります。

 

ただ、気を付けたいのは、甘いものの中には生クリームやバターなど脂質が多い食べ物もあります。また糖質も多いですね。こうしたものを多く食べすぎると、頭皮や髪に悪い影響を与えてしまう可能性があるので、ほどほどに。そして他の食事などでバランスをとるようにすると良いでしょう。

 

 

☆ドライフルーツは栄養がいっぱい

 

ドライフルーツは果物を乾燥させたものですね。
このドライフルーツには、栄養がたくさん詰まっているのです。

 

亜鉛、鉄分などのミネラルやビタミンC、そしてポリフェノールなどです。
ビタミンCは生の果物のほうが多いのですが、ミネラルに関してはドライフルーツのほうが豊富なのです。

 

ご存知のようにポリフェノールは抗酸化作用で頭皮と髪のエイジングケアに効果がありますし、ミネラルも美髪には必須な栄養素なのです。
頭皮の酸化も防止して抜け毛や薄毛の予防にもなりますし、いつまでも健康な頭皮と髪を維持するには、こうした栄養を継続して摂る必要がありますね。

 

ドライフルーツも手軽に手に入りますから、食べやすいものです。
普通にそのまま食べるのに飽きたら、ヨーグルトに混ぜたり、紅茶に刻んで入れて飲んだり、工夫して摂ると良いですね。

 

特に、老化防止を目的とする場合は、レーズンやイチジク、干し柿などが効果的です。
また育毛を目的とする場合は、マンゴーやキウイ、柑橘系のフルーツがおススメです。

 

 

 

こうしてみると、手軽にスーパーでも手に入るような食べ物でヘアケアができるんですね。
もちろん、サプリなどを利用するのも便利で良いですが、自然のものから栄養を摂る、食事から栄養を摂るのも大切なことです。

 

どんな食品をとるにしても言えることは、過剰摂取はおススメできないということですね。
また偏った一つのものだけをたくさん食べるのもおススメできません。
バランスのとれた食事、これが一番の理想ですね。

 

他にも良いといわれる食べ物はいろいろありますから、調べてみても良いでしょう。