ノンシリコンシャンプーって本当に良いの?ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

ノンシリコンシャンプーが良いといわれていますが、漠然とそうなのかなあと思ってた人も多いかも。
ノンシリコンシャンプーもメリットデメリットがあるはずです。そんな良し悪しをまとめてみました。

 

☆ノンシリコンシャンプーとは?

 

一般的に販売されているシャンプーにはシリコンが配合されています。このシリコンがコーティングの役割をしてくれるので、髪をコーティングし、ツヤツヤサラサラとした髪に仕上がります。

 

このシリコン入りのシャンプーが良くないという話も多く聞くようになりました。それでシリコンを除外したノンシリコンシャンプーが良いといわれ、そういったシャンプーも多く販売されるようになったのです。

 

それでもノンシリコンシャンプーもメリットもあればデメリットもあります。詳しく見ていきましょう。

 

 

☆ノンシリコンシャンプーのメリット

 

具体的にノンシリコンシャンプーのメリットってどういうところがあるのでしょうか?

 

*頭皮にやさしい

 

シリコンは髪をコーティングしてツルツルサラサラにしてくれるかもしれませんが、頭皮にはちょっと厄介ものだったりするのです。
シリコン入りシャンプーを使って、すすぎがしっかりできていないと、シリコンの成分が頭皮にのこり、これが毛穴をふさいでしまったり、フケやかゆみの原因になったりするのです。
頭皮の健康を守るノンシリコンシャンプーなのですね。

 

*パーマやカラーリングがしやすい

 

シリコンは髪をコーティングする働きがあるので、シリコン入りシャンプーを使っていると、パーマがうまくかからなかったり、カラーリングも色が染まりにくかったりするんです。

 

また、シリコンの重さでパーマをかけても、カールが重くなってダレてしまったり、パーマがとれやすくなったりすることもあります。
そういう点からみると、ノンシリコンシャンプーはパーマもかかりやすくなり、色も染まりやすいということですね。

 

*髪が軽くなる

 

シリコンの重さがとれて軽くなるわけですが、細い髪の人だとシリコン入りのシャンプーだと重くてぺしゃんとなりがちです。
ノンシリコンシャンプーを使うことで、軽くなり、細い髪でもふんわりとボリュームを出すことができますね。

 

☆ノンシリコンシャンプーのデメリット

 

こんなノンシリコンシャンプーもメリットだけではないんですよね。デメリットもあります。

 

*髪がきしむ

 

ノンシリコンシャンプーに変えた時に、一番不快に感じるのがこの点ではないでしょうか。
髪がきしんだり、指通りが悪くなったり、なんだかパサパサしたり・・と感じます。
それもそのはず、髪をコーティングしていたものがなくなったわけですから、仕方がないですね。

 

でも、その状態がずっと続くわけではないのです。使い続けるうちに、髪もサラサラしてきますよ。

 

*髪のダメージが進行?

 

カラーリングやパーマなどで痛んだ髪がコーティングされないままに、シャンプーなどで髪同士の摩擦が起こると、キューティクルが剥がれて傷ついてしまうということもあります。
髪のダメージがさらに進行してしまうということもありうるんですね。

 

*熱に弱い

 

これもコーティングがないがゆえに生じることですね。
ドライヤーやヘアアイロンの熱に弱くなっていますから、あまり熱い風を当てないようにするとか、トリートメントで髪のダメージをしっかり修復しておくなど対策が必要になってきますね。

 

 

☆まとめ

 

総合的に見て、ノンシリコンシャンプーが良いのか?シリコン入りシャンプーが良いのか?
どうでしょう?

 

それは使う人によって決まるものだと思います。

 

もちろん、化学物質や合成物質などといったものは人の体にはあまりよくないものですから、ノンシリコンのほうが良いという結論に至ります。
そして長い目で見た時に、頭皮の健康と髪を守るのはノンシリコンシャンプーかもしれませんね。

 

それでも、どうしてもノンシリコンシャンプーは頭皮と髪に合わないという人も中にはいるでしょう。自分に合うシャンプーと長く付き合うことが、頭皮の健康と美髪を守ることにつながると思いますよ。よく考えてシャンプーを選んでみましょう。