賢いシャンプーの選び方とは?

毎日使うシャンプー、どうやって選んでいますか?
ドラッグストアなどで目についたものを選んだり
人が良いというものを選んだり
雑誌やメディアを通した広告を見て選んだり
人によって選び方はいろいろだと思います。

 

どんなシャンプーにしろ、自分に合っていれば良いのですが、ここで、シャンプーの選び方について確認してみましょう。

 

 

☆洗浄成分はどんなものを使っているか?

 

シャンプーの一番大きな成分とも言えますが、洗浄成分はどういったものが使われているのかをチェックすることが大切です。

 

シャンプーの洗浄成分として使われているのは大きく3種類あります。
一つ目は、よく使われている石油系界面活性剤のようなアルコール系のものです。ラウリル硫酸とかラウリル硫酸カリウムなどといわれるものです。

 

こうしたシャンプーは洗浄力はよくても、やはり刺激が強かったりしますので、合わない人もでてくるでしょうし、人工的なものが多く入っているので、良いものとはいいがたいですよね。

 

二つ目は石鹸系のものです。
石鹸シャンプーを使ってみた人はご存知と思いますが、泡立ちが悪かったり、髪がきしんだり、頭皮にはやさしいかもしれないけれども、髪には今一つ・・という経験をした人も多いのではないでしょうか。

 

頭皮に優しく、また洗浄力も悪いわけじゃないのですが、髪を洗うにはちょっと役不足という気がします。

 

そして三つめは最近、注目されているアミノ酸系の洗浄成分を使ったシャンプーです。
美容院やサロンなどで使われているのは、このアミノ酸系のシャンプーですね。

 

肌にも優しく、保湿力も高いですし、髪の中からもケアしてくれるので、髪にもやさしいシャンプーなのですね。
保湿力が高いのでしっとりするのは良いのですが、ボリュームが抑え気味になるという面もあります。

 

自然の成分をつあって低刺激なので敏感肌の人でも安心して使ってもらえる成分でもあります。

 

 

☆シリコンをはじめ、添加物は入っているのか?

 

シリコンが入っているシャンプーは髪がコーティングされて、ツヤツヤサラサラするのは確かです。
でも、このシリコンが頭皮の毛穴を詰まらせたり、悪影響を与えてしまうこともあるのです。
それで、最近ではノンシリコンシャンプーが人気ですね。

 

シリコンだけではなく、合成着色料や香料、バラペンなど、添加物を避ける人が多くなっています。より自然の成分を望む人が多いんですよね。
こうした添加物を除くことで、より頭皮にやさしく、髪にもやさしいシャンプーになります。

 

こうした添加物を除いても、泡立ちをよくしたり、髪もきしまず、サラサラにする成分なども配合され、改善されているので、こうしたシャンプーが人気を得ています。

 

 

☆どれを選んだらよいのかわからない

 

でも、シャンプーの種類は多いですね。また、良いといわれるシャンプーも多いので、いったいどれを選んだらよいのか?というのは、多くの人が持つ悩みだと思います。

 

実際には、どのシャンプーも使ってみないと合うか合わないかというのはわからないものです。
ノーマルタイプのシャンプーを選んで使いながら、もっとしっとり感がほしいとか、もっとサラサラになるようなものが欲しいとか、でてくるでしょう。
そうしたらまたそうした効果のあるものを選んでみるというのも良いでしょう。

 

自分の頭皮の状態が乾燥しているのか、皮脂が多いのか、髪のタイプはどうなのか、こうしたものをチェックしながら、自分に合うもの、目的に合うものを選ぶのが賢い選び方なんですね。

 

また、低刺激で大丈夫といってもアレルギー反応が出る場合もあります。どういった原材料が使われているのかというのもチェックする項目の一つになりますね。

 

それでもどうしても選ぶのが難しいという場合には、行きつけの美容院などで相談してみても良いと思います。
美容院で使われているシャンプーを勧められるかもしれませんし、また他に、こういたものが良いというのを選んでくれるかもしれませんからね。

 

毎日使うシャンプーだからこそ、賢く選んで、健康な頭皮と美髪を目指しましょう。