フケの悩み、なんとかしたい!!

頭皮のトラブルの中でもフケで悩んでる人が多いんです。このフケの悩み、どう解決したらよいのでしょうか?

 

 

☆フケに困ってる

 

フケってちょっと汚く見えますし、人に見られるのもいやですよね。黒い服や濃い色の服を着た時に、肩になにげに白いものが落ちていると、ほんとにテンション下がっちゃいますよね。

 

このフケ、どうしたらいいんでしょう?

 

そもそもフケというのは、どうしてできるんでしょうか?

 

頭皮は自然にターンオーバーして、古い細胞は目に見えないくらい小さな埃みたいになって落ちていきます。目に見えないくらいなので、これはフケではないんです。
でも、何らかの原因で、ターンオーバーが早まり、まだ落ちていくときじゃない未熟な細胞が大きく剥がれて落ちてしまうのがフケなのです。

 

明らかに頭皮環境が乱れているから起きる現象なのですね。
この頭皮環境が乱れるのは、頭皮に自然に分泌される皮脂と、常在菌、そして人によって違う肌質の3つのバランスが崩れるのが原因となります。

 

皮脂や肌質などは変えられるものではないですが、この頭皮の常在菌がキーポイントになりそうですね。
この常在菌に働きかけてコントロールできるシャンプーなどを選んで使うと良いのです。

 

 

☆頭皮がべたついてるからフケが出る?乾燥してるからフケがでる?

 

頭皮がべたつき気味でもフケがでますし、乾燥していてもフケがでます。

 

べたつきがちの頭皮でも皮脂の過剰分泌が原因で常在菌が活発に活動し、頭皮のターンオーバーが乱れてしまいます。そうしてフケが発生してしまうのです。

 

逆に乾燥していても、未熟な細胞がフケとなって剥がれ落ち、さらに乾燥が進みます。そしてフケを誘発してしまうのです。

 

べたつく頭皮も乾燥している頭皮もあまり良い状態ではないということですよね。頭皮の潤いを適度に守るためにも、良いシャンプーを選ぶということがポイントになってきそうですね。

 

 

☆シャンプーはどうする?

 

フケが多いからと1日に何度もシャンプーするのは、乾燥を招くもとになりますから、シャンプーは1日1回で十分ですよ。

 

そして、頭皮にやさしいアミノ酸系のシャンプーを使うのをおススメします。

 

アミノ酸系のシャンプーは頭皮にも髪にも低刺激でやさしく、適度に潤いも保ってくれるので、頭皮ケアにはこうしたシャンプーがおススメです。

 

逆に洗浄力の強い、石油系の界面活性剤を使ったシャンプーなどは、すっきりするかもしれませんが、余分な皮脂も落としてしまい、その結果皮脂が過剰に分泌され、べたつきの原因になります。

 

またフケ防止とうたってるシャンプーも多くでていますから、いくつかチェックして選んでみると良いでしょうね。

 

こうした機能性のあるシャンプーは、頭皮のための栄養がたっぷりと配合されています。
もちろん、毛穴が詰まっていてはその栄養も十分に浸透できずに効果も感じられないでしょうが、毛穴の詰まりもとり、しっかりと汚れを落とし、栄養をたっぷりと吸収させることで、フケ防止にも効果を感じやすくなるでしょう。

 

 

☆フケは冬に多い?

 

ところで、乾燥しやすい冬に多いと感じる人が少なくありません。
なんとなくそんな気がしますよね。

 

季節の変わり目に抜け毛が増えるように、フケもこうした季節に変わり目に頭皮のターンオーバーが乱れてフケが増えることもあります。が、冬でも夏でも頭皮環境が乱れているとフケは同じように発生するものなのです。

 

冬には、夏よりは濃い色の服を着ることが多いですし、よけい目立ってしまうので、冬にフケが多いように感じてしまうのですね。

 

 

正しい頭皮ケアをすれば、フケも防止できます。
自分に合った良いシャンプーを選ぶ、まずはそこからでしょうか。フケとさよならできる日が来ると良いですね。