家でもできる頭皮ケアで頭皮トラブルも解消できる

頭皮のトラブルといえば、フケやかゆみに代表され、さらには乾燥やニオイも気になるという人も多いですね。
頭皮のトラブルにはヘッドスパがいいなんてことも耳にしますが、いつもそういうところに行けるわけじゃないし、お金もかかります。
でも自宅で手軽にできる頭皮ケアもあるんですよ。

 

 

☆頭皮ケアはシャンプー選びから

 

例えば、自分の肌に合わないシャンプーを使っていたら、トラブルが起きるのは目にみえていますよね。
そのかゆみの原因は実はシャンプーだったなんてこともけっこうあるんです。

 

頭皮の汚れを落とすだけのシャンプーもあれば、有効成分が配合された医薬部外品のシャンプーもあります。
目的に応じて、フケかゆみを解消してくれるシャンプー、べたつきやニオイを防止してくれるシャンプーなど、成分をチェックしながら選ぶことができます。

 

アミノ酸系の洗浄成分が配合されたシャンプーが、低刺激で頭皮にやさしく、髪にもやさしく、そして保湿力があるので、人気です。

 

 

ところで、口コミがとっても良いから、買ってみたけど、かゆみは改善されなかったということもあり得ます。
それはそのシャンプーの成分の何かが合わないのでしょうね。

 

そうした合わないシャンプーは未練なく使うのをやめて、新しいシャンプーを探しましょう。
自分の肌に合うもの、目的に合ったものを使うのが頭皮ケアの第一歩ではないでしょうか。

 

 

☆次のステップは毎日のシャンプー

 

自分に合うシャンプーが見つかったら、それを使って毎日頭皮と髪を洗います。

 

べたつくから、フケがあるから、かゆいから・・・といって1日に何回も洗うのはNGです。
洗いすぎは余分な皮脂も落としてしまい、乾燥につながりますし、さらに皮脂を過剰に分泌させるきっかけになってしまいます。
悪循環を繰り返すだけなので、1日1回洗うようにしましょう。

 

シャンプーをするまえに、ブラッシングをすると良いといいますね。
毛穴の汚れも浮き上がらせて、シャンプーをより効果的にするためです。

 

お湯で濡らすときにも、少しぬるいかなという温度でしっかりと濡らします。このときにもシャンプーブラシなどでブラッシングをすると、髪の汚れも落ちやすくなりますよ。

 

この時に毛穴を開かせる働きもあり、またこのお湯だけでも7割の汚れが落ちるといいますから、丁寧にしておくといいですね。

 

シャンプーは手にとって少し泡立ててから髪につけます。
頭皮に直接つけるのは刺激が強いのでやめましょう。

 

髪につけたシャンプーを泡立てながら、マッサージするように頭皮も洗います。
生え際から頭頂部にむけて、そして後頭部に向けて洗うと良いですよ。

 

洗うときには爪を立てない。これはもう常識ですね?
指の腹でマッサージするように優しく洗いましょう。

 

すすぎも念入りに行います。泡が残っていたりすると、これも頭皮トラブルの原因になりますよ。

 

さて、シャンプーの仕方はよく耳にするのですが、トリートメントやコンディショナーのコツってあるんでしょうか?

 

トリートメントやコンディショナーは髪の毛先のほうから髪全体になじませます。
指で頭皮を押さえながらマッサージ。血行がよくなります。
すすぎも、ぬるま湯で十分にしましょう。

 

洗髪の後は、しっかり乾かすことも大切です。自然乾燥よりもドライヤーでさっと乾かしたほうが良いのですが、このドライヤーも当てすぎは熱で髪が痛んでしまいますので、気を付けましょう。
温風、冷風をうまく使い分けると良いですよ。

 

 

☆生活習慣の改善も必要です

 

良いシャンプーを選び、毎日洗いながらケアしているのに、改善されない…という人は、生活習慣を見直してみましょう。

 

規則正しい生活をしていますか?
食事は偏っていませんか?
睡眠不足ではないですか?

 

こうした生活習慣が頭皮環境のバランスを崩してトラブルを起こしていることもあるのです。
あれもこれも細かく気を使ってられない!!と思うかもしれませんが、自分のできるところからでいいので、見直してみましょう。